MENU

ケトルベル魂「アスリートスタンド」これ1つで上半身ムキムキバキバキやで

自宅筋トレ器具シリーズ。

今回はKETTLEBELLKONのアスリートスタンドを紹介します。

イコライザーという筋トレ器具です。

これ1つで、自宅でディップス、腕立て伏せ、

斜め懸垂、レッグレイズなどができる優れものです。

2つのスタンドの置く位置を変えれば、

ディップスや斜め懸垂などで腕の異なる箇所に刺激を入れられます。

懸垂マシン(ぶら下がり健康器)のように

懸垂やぶら下がりはちょっとできないかもしれませんが、

高さや置き場所もそれほど取らないですし、

移動も楽なので非常に使い勝手がいいです。

目次

アスリートスタンドとは?

上の動画のものはアスリートスタンドではありませんが、

こんな超人的なこともできてしまいます。

あそこまで筋力付いたらトレーニングが楽しそうですね。

これ1つで、腕立て伏せ、ディップス、斜め懸垂、レッグレイズなど

色んな筋トレができちゃいます。

工夫次第では、もっと色んなトレーニングができます。

高さがないので、懸垂マシンのようにぶら下がったり懸垂したりは難しいですが

(できなくもないが)、割とコンパクトで軽く場所も取らず移動も楽々です。

個人的には、置く位置や角度を変えて腕や背中など

色んな箇所に刺激を入れられる点が気に入っています。

基本固定されている懸垂マシンでは、色んな箇所に刺激を入れることは難しいです。

価格は9800円

価格は9800円です。

う~ん、どうだろ。

ちょっと高いのかな?

懸垂マシンよりは少し安いですね。

私的には、「妥当な価格かなあ」とも思いますが。

作りがしっかりしているというのもあると思いますし。

9800円で、上半身ムキムキになれると思えば安いくらいですけどね。

追記:ケトルベル魂のイコライザーは割高ですが、

類似品だともっと安いのがありますね。

5000円~7000円くらいでしょうか。

最近は懸垂マシンも10000円を切る値段でそこそこの質のものもあるので

特別つくりや質に拘りがなければ安いものでもよいかと思います。

色は3種類?2種類?

色は私が購入した時は3種類ありましたが、

今はAmazonでは2種類しかないようですね。

イエローレッド、ブルーの3色です。

現在はブルーがないようですね。

ちなみに私が購入したのはブルーです。

色選びはちょっと悩みましたね。

私の中ではレッドはまずなかったのですが、

ブルーの他にイエローも悪くないなと感じました。

まあインテリアじゃないですけど、

あまり置いててもトレーニング時も気にならない色ということでブルーにしました。

イエローやレッドは結構派手で目立ちますからね。

イエローなんかも悪くはないんですけどね。

ブルーも特に好みの色という感じでもないですけど、後悔はしてないです。

個人的には、もしあればブラックがよかったかなあと。

高さ75cm、重量は2つで12kg

アスリートスタンドの高さは75cmほどです。

高さ調節はできません。

ちなみに幅は65cmほど。

さすがにディップスなんかは脚を曲げないとできないですね。

私もそこまで短足ではないので(笑)

使っていて、高さが物足りないなとは特には感じませんね。

私は身長171cmですが、180cm以上の人だと少し小さく感じるのかな?

重量は1つ6kgで、合わせて12kgですね。

持ち運ぶ時とか、軽いとは思わないですけど重くも感じないですね。私は。

トレーニング時はがたついたりはしないですね。

安定しています。

音とかもしないし。

結構頑丈なつくりです。

ちなみに、組み立ては簡単です。

添えつけの工具で1人でもできます。

それでも2、30分かかったかな。

使ってみた感想

毎日使っているわけではありませんが、いいトレーニングになりますね。

ディップスと斜め懸垂3~5セットずつくらいやると、もう腕がパンパンです。

1番のお気に入りのトレーニングはやっぱりディップスかなあ。

次点で斜め懸垂ですね。

斜め懸垂も、負荷は普通の懸垂とそこまで変わらない感じですね。

意外ときついです。

斜め懸垂と懸垂では使っている筋肉も違いますしね。

「斜め」と言っても45度とかではなく、多分30度ないですからね。

もうほとんどカラダを横にした状態で懸垂してるようなもんですからね。

懸垂が連続で30回以上できるような方で、

斜め懸垂で負荷が軽すぎる場合は、

片手でやるとちょうどいいかもしれません。

いわゆる「片手斜め懸垂」ですね。

(そのままやないかい)

あとはやはりスタンドの位置を変えることができるのがいいですね。

これによって腕の色んな箇所に刺激を入れて鍛えることができます。

私は色んなトレーニングで身体のありとあらゆる箇所に刺激を入れて

(全身)鍛えることが好きなので、これは重宝します。

他には、これは懸垂マシン(ぶら下がり健康器)でも言えますが、

寒い時期に室内でディップスや(斜め)懸垂ができるのはいいですね。

冬は公園の鉄棒なんかは、冷たいし霜で滑るしで非常にトレーニングしづらいんですよね。

私もこれから寒くなってきたら多分公園での鉄棒は控えて

家でアスリートスタンド使うかジムで鍛えるかになりそう。

欠点

欠点は、、、特にないかなあ?

やや場所を取りますが、

折り畳んだりコンパクトにはできないのでこれは仕方ないですね。

更に大きくて重い懸垂マシンはもっと圧迫感ありますし。

強いて言えば、高さが調節できればよかったかな。

でもあんまり高さ変えたいとも思わないですけどね。

どうせだったら10cmの調節とかじゃなくて、

1mくらい高くして1m75cmくらいで懸垂とかやれたら最高ですけどね。

これは、さすがに難しいですかね。

アスリートスタンドのまとめ

自宅トレでも、アスリートスタンド1つで上半身かなり鍛えることができます。

特にディップスなんかはスタンドの角度も変えられるので、

ディップスバー付きの懸垂マシンよりも使い勝手がいいです。

スポーツジムに通ってない方や近くに公園がない方なんかにはおすすめです。

自宅近くに鉄棒とかあっても、冬なんかは重宝するんじゃないかなあ。

真冬はランニングなんかもそうですが、外に出る時が1番しんどかったりするけど。

着替えも何枚も着るので面倒くさい。

体もウォームアップや入浴で温めてからでないと怪我をしやすい。

そう考えると、ジムにでも通ってない限り

意外と1年中懸垂やディップスを継続し続けるのって難しいですよね。

室内なら天候は関係ないので、やる気と時間さえあれば

いちいち着替えなくてもサルやゴリラのように素っ裸でもサクッとできますね。

違うか。

コメント

コメントする

目次